スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン8 最終日に使った奴

ボーマンダ@ナイト 意地 199(228)-176(36)-101(4)-x-101(4)-150(236) 捨て身/身代わり/毒/羽休め
            メガ時 199(228)-187(36)-151(4)-x-111(4)-170(236)


マンムー@チョッキ 意地 187(12)-199(244)-100-x-112(252)-100 地震/氷柱針/礫/はたき落とす


クレッフィ@残飯 穏やか 161(228)-x-111-x-152(252)-99(28) イカサマ/電磁波/威張る/身代わり


リザードン@ナイトX  意地  185(252)-129(108)-99(4)-x-106(4)-138(140) フレアドライブ/ドラクロ/竜舞/羽休め
              メガ時 185(252)-180(108)-132(4)-x-106(4)-138(140)


ジャローダ@ゴツメ 臆病 天邪鬼 173(180)-x-135(156)-95-115-170(172) リフスト/蛇睨み/リフレクター/光合成


スイクン@カゴ 図太い 205(236)-x-154(36)-121(84)-136(4)-124(148) 熱湯/凍える風/瞑想/眠る



個別解説
ボーマンダ・・・クレッフィが弱かったのでこいつもあまり活躍できなかった。失敗。


マンムー・・・ボルトロス、ウルガモスを倒してほしい。ウルガモスを地震礫で処理するためにAは切れず、このHDで無振りボルトロスの草結びを2耐えするため、他にちょこちょこ振り分ける余裕が全く無かった。


クレッフィ・・・主に選出されるのがガブガルーラボルトウルガなので全くPTに噛み合っていなかった。初めてこいつを使っていて失敗した。


リザードン・・・ボルトロス、ウルガモスに弱くなく、スイクンを起点にできる。ナットレイに唯一有利を取れる。
ニンフィアなどに速攻打点を取りたかったのでフレアドライブ、スイクンをガン起点にするため羽休め、Sを上げるため竜舞。ドラクロは好み。配分は鬼火羽用の流用だが、特に問題は無い。


ジャローダ・・・強いと聞いたのでこいつから組み始めた。ゲンガーやサンダーを上手く合わせられると腐ってしまうが、選出が噛み合えば非常に強力。
自分で考えるのめんどいから適当にそれっぽいの考えといてって言ったら出来てた配分


スイクン・・・ファイアローとマンムーを見てスイクン。とても怖いポケモンであるキノガッサがジャローダの敵ではないため、スイクンの通りも良かった。強い人の技構成、配分を勝手にパクっているので多くは説明しない。





最終日2040くらいからスタートして最高2214。(この後すぐ落ちた)
dcc197be019431501623408c80983b3f.png

絶妙にサイクルが回りそうで回らない歯痒い対戦が多く、PT単位でいくつもの欠陥が見られた。一応2200まで行けたのはジャローダとスイクンの個人技のおかげ。

あまり胸を張って記事を書ける出来ではないが、記録として残しておくために更新。

60×2=120

ボルトロス@オボン 図太いHB 十万/めざ氷/電磁波/威張る

ゲンガー@ナイト 臆病CS 祟り目/ヘドロ爆弾/催眠/身代わり

ガブリアス@ラム 陽気AS 逆鱗/地震/封じ/剣舞

クレセリア@ゴツメ 図太いHB ムンフォ/電磁波/月光/三日月の舞

ヒードラン@残飯 穏やかHD 噴煙/大地/毒/守る

ヘラクロス@ナイト 陽気 ポケモン徹底攻略振り ミサイル針/ロクブラ/地震/剣舞


最高2130くらい。2200とかを目指せる兆しは全くない。
ゲンガーを選出した際の勝率が5割(レート差問わず)。色々と頭おかしくなってしまう前に封印。
メガ2匹のマジキチプレイングの連発に自分の心が痛む。

スイクンでよくね?

これとは別のPT案はあったが、個体を人に貸していて使えなかったので返してもらうまでの繋ぎに考えて使った。対面対面やかましい奴は放っておいて、竜と鋼のサイクルを意識して組んだ。

642 (1)473.png
373.pngクレッフィ
リザードン593_2015030403412726b.png


ボルトロス@オボン 図太い 184(236)-x-132(236)-145-105(36)-131 ボルチェン/めざ氷/電磁波/挑発


マンムー@球 意地 185-200(252)-101(4)-x-80-132(252) 地震/礫/氷柱針/毒


ボーマンダ@ナイト 意地 199(228)-176(36)-101(4)-x-101(4)-150(236) 捨て身/身代わり/毒/羽休め
            メガ時 199(228)-187(36)-151(4)-x-111(4)-170(236)


クレッフィ@残飯 穏やか 161(228)-x-111-x-152(252)-99(28) イカサマ/電磁波/威張る/身代わり


リザードン@ナイトX  意地  185(252)-129(108)-99(4)-x-106(4)-138(140) ニトロチャージ/ドラクロ/鬼火/羽休め
              メガ時 185(252)-180(108)-132(4)-x-106(4)-138(140)


ブルンゲル@ナモ 図太い 呪われボディ 207(252)-x-132(236)-106(4)-126(4)-82(12) 熱湯/祟り目/鬼火/再生




適当に個別解説

ボルトロス・・・ブルンゲルが水タイプの癖に相手のボーマンダの起点なので入れざるを得なかった。レパルガッサに負けてムカついたので挑発採用。


マンムー・・・マンダとの相性。ブルンゲルが水タイプの癖に相手のガブリアスに負けるのもあってこちらはガブリアスは採用できず。


ボーマンダ・・・言うことが無い。そろそろ配分変えてもいいかも。


クレッフィ・・・言うことが無い。


リザードン・・・眠るの無いゴツメスイクンが鬼火羽リザに何もできず負けたのを思い出し、久しぶりに使ってみた。マンダに比べるとボルトロス耐性があり、耐久型なので電磁波で即使い物にならなくなる訳ではない。
ガルーラの配分がAS猫捨て身とHAグロウで二極化しているので、遅いガルーラくらい抜ければいいと判断し意地っ張り。
ニトチャドラクロでメガゲンガー、ドラクロで無振りガブ一発。
眠るスイクンを結局倒せないのとサンダーが面倒なので鬼火→剣舞でもいい。


ブルンゲル・・・ゲンガーとスイクンのタイプを同時に持っているので強いと思った。ガルーラ耐性だけは異様に高い。
他には、異常祟り目でメガゲンガーを落とせない。
ガブリアスの逆鱗2発を耐えない(マンムーでも耐えられるのに・・・)。←スイクンでよくね?
冷凍ビームのスペースがないのでラムガブなどには起点にされる。←スイクンでよくね?
ボーマンダにガン起点にされる。←スイクンでよくね?
ゴツメを持たせたいポジションながらタイプ的に接触しにくいので役に立たない。←スイクンでよくね?
ナモで戦えるような余裕はなかったので光の粉の方がまだマシだった。



PT内に毒×2電磁波×2鬼火×2が入っているが、マンダには麻痺、ナットレイには火傷という風に相手のポケモンそれぞれに有効な状態異常を浴びせていくように気を付けたい。

2100前後をうろうろしてる間に個体が返ってきたのですぐ使うのをやめた。

対戦初心者が上達するプロセス

5世代に書いた記事の続編のようなもの


前回の記事は初心者と言いつつもかなり対戦に突っ込んだ内容だった(気がする)が、今回は右も左も分からない状態からどういう段階を踏んでガチ対戦に足を突っ込んでいくか、オススメのプロセスを紹介する。

なお、ポケモンの厳選、育成方法を書いているわけではなく、思考に関しての記事なのでその辺りはお忘れなく。


ちなみにこの記事は筆者自身の初心者時代の経験談に沿っている。


1.ポケモンは情報収集ゲー

じゃあ、今日からポケモンの対戦をしましょう。と何のヒントもなく唐突に対戦を始めても何をすればいいのか、何をされるのか訳が分からない。

ポケモンは情報戦である。ポケモン関連の知り合いが一切おらず、育成、PT構築、環境把握、立ち回りを最初から最後まで自己流で貫いているという人は少ない。

更にポケモンの流行りは日々移り行く。何年もポケモンをやっている人でさえやっきになって最新の情報収集をしているのだから、初心者にそれの重要性は尚更高い。

全ての情報が正しいとは限らないものの、色んなブログを読み漁って、対戦の配信や動画を見まくれば他の人がどんな考え方でポケモンをしているか、どんなポケモンが強いのか、どんな動き方をするのがセオリーなのかは大体分かる。
がむしゃらに対戦数を重ねるのも情報を得る手段ではあるが、全くの0の状態から手探りで学ぶよりは、元々知識のある人の知恵を借りる方が上達は早いだろう。




2.我を抑える

初心者の方のPTを見ると、ほとんど上位互換の構成が存在するポケモンがいたり、どう考えても使いづらい奇抜なポケモンが入っていたりする。
ポケモンに自分の特色を出したい気持ちはわかるが、あなたが初心者と自覚して、早く上達したいと思うならその間はプライドを捨て、セオリー通りの育て方をしたポケモンで固めるべきだ。
極端な話、コイキングを使って100戦するよりもギャラドスを使って10戦した方が何倍も早く対戦の流れが身につく。

それでも「こんなに考えたのにこいつが弱いわけがないんだ!」と退かない人もいるが、半分も勝てないのでは説得力が無い。
ポケモンの新しいアイデアは10回失敗して1回成功するかどうかだと思っている。ましてや初心者の考えたアイデアが成功することは現実的に考えてほとんど無いと言っていい。

対戦の立ち回りに関しても同じことで、ミスを指摘されると「でも、これにはこういう考えがあるので」と突っぱねる人は中々上達しない。




3.パクりまくる、自分のスタイルの確立は慣れてからで遅くない

コイキングとギャラドス、みずでっぽうと波乗りには明らかに正解があるが、ギャラドスとスイクン、波乗りとハイドロポンプのどちらを使うかには正解はない。

ここで何を選ぶかが難しいところで、ブログなどを見ていても人によって感覚は様々。ギャラドスが好きだったりスイクンが好きだったりする人がいる。
こういう時は、この考え方は自分に合っているなと思った人を重点的に参考にしていく。
どの人についていけばいいかなんて分からないよという場合は、ブログやツイッターの文面から判断して趣味や性格が合ってそうな人についていく。何気ない話が合う人ならポケモンの質問なども気軽にしやすいし、考え方も似通っていて親しみやすかったりするものである。


最初は使うポケモン、配分、技構成全て人の受け売りで構わない。経験を重ねていくと、いずれ「あの人はギャラドスが強いって言ってたけど、ここはスイクンの方がいいんじゃないか?」という疑問が芽生える。それが成長の証である。完全に他人のポケモンをやっている状態から、少しずつ自分のスタイルを確立していけば良い。

また、視野を広げるためには参考にするプレイヤーが一人や二人ではとても足りない。
一人をあまり盲信してそれ以外から情報を得ることを放棄してはいけない。できる限り多くの人の考えを知り、吸収しよう。




4.実戦は何となく数を重ねるのではダメ(かなり慣れた人向き)

ギャラドスは強い!コイキングは弱い!ということがわかったところで、対戦が上手くなるわけではない。使うポケモンを選ぶ時点での失敗がなくなっただけだ。後は実戦を重ねて対戦の流れを掴むだけなのだが・・・。


何百戦と経験を積んでいる割にイマイチ状況判断ができていない人がいる。
どう見ても拘っている威力の技を受けたのに技を打ち分けてくることを考える、起点にされるリスクを顧みず死に際に低火力の先制技を即決する、死にかけの相手に無意味に命中不安技をぶっ放す。

この状態の人の特徴として、自分が負けた対戦を全く振り返らない。

なぜ負けたかに何も疑問を覚えず、ひたすら対戦数を増やしていっても、また同じようなミスをして負けることを繰り返すだけ。


疑問を覚えたら、その度ダメージ計算機を回したり、反省点を探すと良い。
「そう言えばガブリアスってガブリアスのダブルチョップで死ぬの?」という点に疑問を覚え、ダメージ計算機を回す。PGLの持ち物採用率と照らし合わせると、ほとんど鉢巻が確定する。これからはガブリアスがダブルチョップ一発で倒されたら鉢巻を疑ってかかればいいことが分かる。


「これ負けたのは急所のせいだから・・・」という時も、そこで思考停止はしないでほしい。この記事にも書いたように、あまりにも運が悪いのにもちゃんと理由がある。


レートの対戦を逐一メモを取っているという人を知っているが、流石にそこまでする必要はない。レートで次の対戦相手にマッチングするまで待っている間に前の対戦を「ガブ出したけど役に立たなかったなあ」とか適当に振り返っていれば良い。これだけでもぼーっと対戦しているのとは雲泥の差。



あと、「相手の不意打ち連打を補助技連打で合わせていて、4回目で攻撃したら負けた。」みたいな振り返りに意味は無い。「グーを出したらパーを出された。チョキを出せば良かった。」と言っているのと同じである。ここで考えるべきは「不意打ちじゃんけん態勢になるまでどうして追い込まれたのか」だ。







と、ここまで理想を書いたが、これだけの思考を初心者が一人で行うのは正直難しい。振り返ったところで「じゃあどうするのが正解なの?」となることが予想できる。

結局、知り合いを作って、質問をしたり、対戦を見てもらったりするのが一番手っ取り早いというのが自分の中での結論。


上手くなるためには知り合いを作れなんて、そんなめんどくさいことできるか!と思うかもしれないが、レートのランキングを見ても、上位を占めるのはツイッター、ブログ、配信などの活動を何かしら行い、他のプレイヤーとの交流がある人達がほとんどなのが現状である。

これが、ポケモン対戦を情報戦と表した所以に他ならない。

あああ

ガルーラ@ナイト 陽気AS 猫/捨て身/グロウパンチ/自由

ガブリアス@ラム 陽気AS 逆鱗/地震/封じ/剣舞

ボルトロス@球 臆病CS 十万/めざ氷/気合い玉/電磁波

ギルガルド@襷 うっかりやCS シャドボ/聖剣/めざ氷/影うち

ウルガモス@ゴツメ 控え目 175-x-85-205-125-138 文字/ギガドレ/めざ氷/蝶舞

カイリュー@鉢巻 意地 191-202-116-x-123-107 逆鱗/馬鹿力/地震/神速


ウルガモス・・・クチートのはたき落とす耐え(偶然)(流用)

カイリュー・・・ゲッコウガの球冷凍ほんのり耐え


さんこう あいぎすぽけ君のブログ(なんか記事消えてた)



2a05249fa81fec2b5e1ede420e90c2aa.png
このPTでは22勝7負

VANさんよりレートは高いです
プロフィール

へるぴん

Author:へるぴん
ポケモンやってます。ユキノオーとか好きでした(過去形)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。