スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターミー強い

121.png
前々から評価は高いポケモンだったけど最近使っていて改めて強さを実感した。
使用する型は 161-x-111-121-106-183@残飯 熱湯/小さくなる/身代わり/自己再生 を前提で説明していく。
配分はS最速H16n+1残りBという誰でも思いつくやつ

光の粉型は自分は使った事がないので一概にどちらがいいとは言えないが、こいつはバンギノオー相手にもかなり頑張れる奴なので残飯が好み。
あからさまな対策ポケが後ろから出てくる事が目に見えている場合、とりあえず熱湯を打ってから逃げるという使い方をするのにも残飯の方がサイクルを回しやすい。


小さくなる使いでは最も速いSと優秀な耐性で広い範囲を起点にでき、またハマった時の信頼度も高い。
主なカモはヒードラン、マンムー、ヤドラン、一部のローブシン、テラキオン辺り。

カモ筆頭はマンムー。陽気地震で
ダメージ: 93~111
割合: 57.7%~68.9%
回数: 確定2発

初手対面したらいきなり小さくなって当てられたら再生。残飯込みで急所被弾以外突破は相当厳しいはずである。初手ステロとかいうナメた行動を取ろうものなら後ろに厚い対策が無い限り3タテ。

この型は速攻で相手を倒せないのでローブシンが雷パンチやしっぺ返しで突っ張ってきたらカモにできるという訳ではないのだが、型を知られていない初手対面、もしくは冷凍パンチに対して繰り出した時などはほとんど退いてくれた。
そして相手が交代した隙に身代わりが残り、その後ほとんどのポケモンの上から小さくなる体制に入れる。


身代わりさえ残れば残飯+粉を持った砂がくれガブと同じ状態(更に一回避ける毎に回避率が飛躍的に上がり、自己再生もできる)が実現できると言えば強そうに聞こえるだろう。
電磁波砂ガブは頑張って天候取って~麻痺撒いて~と起動が面倒な割に上から縛られる相手が多く、失敗したらPT自体崩壊するのでいまいち好きではない。こいつは単体でそれに近い事ができるのでかなり気に入っている。

次に優秀な耐性による縛られにくさについて。
こいつを一発で倒せる攻撃と言えばパッと思いつくのは一致弱点か火力アップ逆鱗流星(素流星逆鱗は耐える)辺りか。
それを上から打てるポケモンはそうそうPTに何匹もいないだろうし、上から叩けなければ後出しでは間に合わず起点である。

このスターミーが厳しい相手として挙げられるのが水無効以外に眠る瞑想全般、キノガッサ、スイクン、ラッキー、ランクルス、ナットレイ辺り。
ただキノガッサはサイキネの可能性を考慮するとわざわざスターミー対策として出てくるのは相当な博打であり、ランクルスはキネシスorショック/トリック/再生/トリルor瞑想というありがちな構成とのタイマンならPPで勝てるけど。


起点にしても結局避けるか避けないかの運ゲじゃないの?と思うかもしれないが、こいつに限っては回避系構築にありがちな「無対策な相手に攻撃を当て続けられて負ける」という事態はかなり起きにくい方だと感じる。



ただただベタ褒めしてる記事書いたけど僕に使うのはやめていただきたい。だるいので。



ちなみに他の小さくなる全抜きが狙えるポケモンとして
いろしゃn
こいつも使ってみたけどこっちは自分の使い方では運ゲの域を超えられなかった。
Sが中速且つ上から縛れるポケモンが多いせいで、起点相手に身代わりor小さくなる、相手交代(テラキガブギャラ・・・)→身代わり壊れたの見てから先手身代わり余裕でしたができず、最初のターンは小さくなる一積みの状態で食らったら死ぬ技をいきなり避けなくてはいけない事になる。回復技も使い勝手はよくなさそう(痛み分けを試してはいないのでバッサリ言えない)。
こいつ強いよって人はどんな風にハメているか教えてくれると嬉しい。


追記:スターミーの努力値を書き間違えていたので修正しました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

質問

努力値足りなくない?
5v想定でもh204b60c4d4s252必要になってしまいますよ

No title

>>kouさん

普通にミスってますね、修正しておきます。
指摘ありがとうございます。

No title

はじめまして、いつも参考にさせていただいています。
この型は6世代でも十分通用すると思うのですが、特性は自然回復とアナライズの2択ですよね。
主さんはどちらを使われているのか教えてほしいです。

No title

>>リスナーさん

小さくなる型は一発の技の火力に頼る必要がないので自然回復安定かと。
球や帯フルアタで技範囲を取る型はアナライズも有用なので悩みどころですが、個人的にはボルトの最後っ屁電磁波や欠伸に突っ張っても引っ込めれば戦線に復帰できる自然回復の方が活きる場面は多いと思います。
どちらかというとアナライズは交換戦想定の特性ですが、そういうスターミーは対面で戦っていく動きが多いですしね。

こんなブログを参考にしていただいて嬉しい限りです、これからもご期待に添えるよう頑張ります。
プロフィール

へるぴん

Author:へるぴん
ポケモンやってます。ユキノオーとか好きでした(過去形)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。