第3回真皇杯関西地区予選1使用構築 ポリゴン2スイッチ

前回のオフで使用したボーマンダ+相性保管のPTが結果は微妙だったものの感触は悪くなかったので、懲りずにボーマンダ採用を固定し、どうやっても重かった範囲にも対応できるPTを目標とした。

19c2d8746b8c0f5f86805f3581830ef1.png



ボーマンダ@ナイト 無邪気 170-187(252)-100-131(4)-90-167(252) 捨て身/地震/流星/火炎放射
          メガ時  170-197(252)-150-141(4)-99-189(252)


マンムー@球 意地 185-198(236)-100-x-101(164)-114(108) 地震/氷柱針/はたき落とす/礫


ポリゴン2@輝石 図太い アナライズ 191(244)-x-144(164)-125-128(100)-80 イカサマ/毒/トリル/自己再生


シャンデラ@スカーフ 臆病 すりぬけ 151(124)-x-111(4)-190(196)-112(12)-134(172) オバヒ/シャドボ/めざ氷/火炎放射


ナットレイ@ラム 勇敢 181(252)-160(252)-152(4)-x-136-22 種マシンガン/ジャイロ/はたき落とす/剣舞


カプ・レヒレ@水Z 控えめ 146(4)-x-135-161(252)-150-137(252) 波乗り/ムーンフォース/瞑想/挑発



個別解説

ボーマンダ
373.png

@ナイト 無邪気 170-187(252)-100-131(4)-90-167(252) 捨て身/地震/流星/火炎放射
      メガ時  170-197(252)-150-141(4)-99-189(252)

AS:極振り


このポケモンを軸にしているつもりではあるものの、毒羽、竜舞身代わり、竜舞地震、HD、AS、HSとどんな技構成、配分にしてもしっくりくるものがなく、そもそも選出する気にならなかったり、選出しても腐ったりしていた。
選出する気にならないのは恩返しや捨て身1ウェポンの範囲の狭さから来るものとして、範囲を広げた両刀フルアタで採用。

使っていてここが不自由だと感じる事はなかったが、最後に書いてある通りオフ中の選出率は3/10。
どこをどう改善すれば良いのか、それともメガ進化を選出しなければ不利を取るという考えは古いのか。まだまだ考察を進めていく余地がある。
カミツルギをよく焼くのでとりあえず火炎放射は不正解ではないんでしょう。



マンムー
473.png

@球 意地 185-198(236)-100-x-101(164)-114(108) 地震/氷柱針/はたき落とす/礫

A:11n
S:準速テッカグヤ抜き
その他:B<D


ボーマンダとの鉄板組み合わせ。チョッキでも良かったが、トリルとの相性を考え球を持たせ、Sを抑えた。PTの先制技が礫のみなので、礫の火力を最大限上げ、対応範囲を広げる為でもある。DはC147草結び+球ダメージ2回を約7割で耐える程度。
相手のテッカグヤが生きている状態ではトリックルームは張れないので、素でテッカグヤを抜いてはたき落とすを打てるように少しSに振った。



ポリゴン2
ポリゴン2

@輝石 アナライズ 191(244)-x-144(164)-125-128(100)-80 イカサマ/毒/トリル/自己再生

H:16n-1
B:A197かたいツメアイへ高乱数3耐え
D:C200フィールドサイキネ2耐え


霊技とか色々受けるポリゴン2。アナライズイカサマで剣舞ミミッキュを無振りならワンパンらしい。起点になりそうな時にはトリルで切り返す。1つ技スぺが余っており、今回は低火力ポケモンにとりあえず突っ張れる毒を採用した。
耐久に信頼がおけるポケモンがこいつしかいないので、クッション役、出し負けし辛い先発役として選出率は高くなった。実質このPTの軸と言える。

自分の使っている個体の努力値振りミスを一生修正できないので誰か助けて~


シャンデラ
いろしゃn

@スカーフ すりぬけ 151(124)-x-111(4)-190(196)-112(12)-134(172) オバヒ/シャドボ/めざ氷/火炎放射

HB:A156ミミッキュの+2影打ち最高乱数以外耐え
C:無振りカプ・コケコをオーバーヒートで確定
S:最速130族抜き
その他:B<D


炎打点が足りないと思った事と、ポリゴン2がテッカグヤを筆頭とした身代わり展開を許すのですりぬけシャンデラを採用。
ゲンガーやカプ・コケコを上から殴れるのが偉いのでスカーフを持たせた。
努力値はぶっぱより色々振り分けた方が強いと思い(中学生並みの発想)じるぽけさんのブログに書いてあったものをほぼパクった。

タイプ一致技3つ以外の余ったスペースには何を入れても変わらないと思うが、昔何故か厳選してボックスに眠っていた夢色ヒトモシがめざ氷個体だったので嬉しがって採用してみた。

色シャンデラのオーバーヒートはざこ。



ナットレイ
598.png

@ラム 181(252)-160(252)-152(4)-x-136-22 種マシンガン/ジャイロ/はたき落とす/剣舞

HA:極振り
S:最遅


水への打点、トリルとの相性、何度もサイクルを回せるPTではない為、耐久型ではなく速攻火力を求めた。
トリル下で先制で打つ事を狙っているのでしっぺ返しではなくはたき落とす。
ポリゴン2が起点となるスイクンを強く意識した構成だが、レヒレもいてラムはやりすぎ感があった。
無振りメガボーマンダをA+1ジャイロで葬り去る命の球(今回はマンムーが持っているので不採用)、ナットレイミラーに安定し、耐久型と思わせ悠長な行動を誘える残飯が他候補。



カプ・レヒレ
カプ・レヒレ

@水Z 控えめ 146(4)-x-135-161(252)-150-137(252) 波乗り/ムーンフォース/瞑想/挑発

CS:極振り(Z波乗りで無振りメガゲンガー確定程度)


このポケモンを入れるだけで搦め手への耐性が一気に上がるのでとても便利。はたき落とすマンムーとの組み合わせで欠伸カビゴン+催眠ゲンガーにかなり有利を取れる。

vanさんのSD対戦を延々と見させられていたところ、彼が突然無言でレヒレのSを最速にし始めたところからヒントを得、S135ノイクンや早めのテッカグヤを意識してSに振り切ったものを試してみたところ、副産物として耐久振りグライオンやランドロス、キノガッサを上から殴れたり感触が良かったのでそのまま採用した。これ以上Sを上げても火力が下がる弊害の方が大きいと考え性格は控え目。

技構成は水Z持ちで最もオーソドックスと思われるもの。
オフではカバルドン、スイクン、ウルガモスとよく当たり、ほぼ全選出した。





選出パターン
ポリゴン2を中心に臨機応変に選出する。
選出率の通りマンダ選出には全く拘らず、むしろポリゴン2+マンムー+レヒレという組み合わせがメイン選出として対戦していた。





負けた対戦はアシレーヌにポリゴン2を崩しの始点にされ負け、カプ・レヒレにポリゴン2を崩しの始点にされ負け。
ポリゴン2が腐ってしまうポケモンがいる相手に、選出率が高いからと言ってポンポン選出していくとこうなる事に対戦が終わるまで気付かなかった。

また、決勝トナメで負けた相手のPTはボーマンダ、マンムー、カプ・レヒレが被り、無意識にミラーを避けた選出をしたところ、相手のどんな選出にも4:6を取るような中途半端な形になってしまい、完敗を喫した。


後から考えるとむしろこちらの被り3匹はミラーに強めであり、積極的に出していればよほどマシな対戦になっていたと思う。こういう中途半端な選出は自分があまり調子が良くない時にやりがちな癖であり、2、3匹単位で選出パターンが定まっていないPTの使い方の難しい点でもある。

PTで圧倒的に負けていてどうしようもなかったならば諦めもつくが、今回の決勝トナメでの負けは後に引く非常に悔しい対戦となった。
余談だが、この時負けた相手の方はオフ初参加で準優勝らしく、5年前の誰かを思い出し感慨深いものがあった。


今回は当たっていないからよかったものの、チョッキ零度スイクンを出されたら指をくわえて自分のポケモンが順番に凍結していくのを見ている事しかできない。




戦績
あくブロック予選8-1 1位抜け 決勝トナメ1落ち

選出率
ボーマンダ 3/10
マンムー 6/10
ポリゴン2 8/10
シャンデラ 2/10
ナットレイ 2/10
カプ・レヒレ 9/10


参考構築 ポケットモンスターブラック・ホワイト発売当初のシングルフリーにいたこんな感じのPT
7d5e614a2e2cf1a3a41d93b66fb6c600.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

努力値パクったシャンデラがHPの実数値150でそれ以外一緒なんですけど本当に151ですか?

No title

記事の表記に間違いはございません。ステータス計算機、Showdown等でご確認ください。
実数値に違いが出るのは個体値か努力値振りに何らかのミスがあるからかと思います。

ちなみに記事のものはめざ氷個体ですが王冠を使用しているので個体値は5Vと同等です。
プロフィール

へるぴん

Author:へるぴん
ポケモンやってます。ユキノオーとか好きでした(過去形)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR