スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交換、切り

たまに書きたくなるコラム記事。



6世代のシングルバトルは5世代と比べて明らかに交換の回数が多い。
これは「切る」行為が弱くなったからだと考えられる。


カバルドン@オボン 慎重HD 地震or氷の牙/欠伸/ステロ/吠える
5世代でポピュラーなカバルドンの型だが、使い方はHDに振ることでほとんどの相手に突っ張って一発耐えるようにし、起点を作って「切る」ことを前提にしている。

カバルドン自身で敵を倒すことは最初から考えていないので残数的にはカバルドンが倒れて2vs3から対戦開始、というのが5世代風の戦い方である。



世代が変わって同じことをやろうとすると、使えるポケモンが増えたので当然敵も増える。仕様変更によって止められやすくなったポケモンも多い。
ガルーラクチートファイアローの超火力先制技、ゲンガーの滅び道連れ、クレセポリ2のトリル、天然ピクシー、音技の身代わり貫通、鋼タイプの耐性変更、催眠ターンの仕様変更による催眠吠えるの弱体化、技の威力低下etc...

パッと思い浮かぶだけで強力な全抜きストップ要素がこれだけ存在して、残数不利な状況から1匹1.5殺以上をするのはかなり難しい。


やがて大抵の人は「切る」戦い方を諦める。
カバルドンのメジャーな型はHDオボンからHBゴツメのようなものになり、特殊と対面したら突っ張らずに交換するようになる。


6世代はクレセドランのような「切らない」思考のPTが非常に多い。

ヒードランがガルーラと対面すると、ヒードランで突っ張れば地震で残数を減らされるのでクレセリアで地震を受ける。ガルーラ側は一匹で残数を減らすのは無理なのでガルーラを止めるクレセリアを止めるギルガルドに交換をする。
クレセリアはギルガルドを出されると残数を減らせない、クレセリアを切るとガルーラで詰む、なのでヒードランに交換をする。

そして手っ取り早く残数を減らすため、もしくはサイクル戦で先に残数を減らされると感じた側は相手の交換に合わせてそれを読んだ行動を取ることを考える・・・。


なんだか難しく書いてしまったが、多くの人は意識せずともこのような思考で対戦を進めているはず。先に残数を減らした側は一気に不利になるのを皆分かっているのだ。



交換、そして交換読みをする対戦が多くなったのは別に対戦している人が変わったからとかいうわけではなく、切らないための交換が必要な6世代の対戦の特徴だから、ということなのだろう。


立ち回り以外の面でも、素の耐久がなくサイクル戦に参加し辛いボルトロスやバシャーモは耐久をガン振りしたり遅いポケモンのボルトチェンジ、トンボ返りから場に出すことによって残数を減らさないなどの工夫がなされている。

もし今の時代で「切る」思考のPTで勝ち上がっている人が現れたら、とても革新的なものだと思う。




みたいなことをブログに書こうとしてたらこんな記事を見かけた。

サイクル積みサイクル

ステロを撒くPTと言えば受け構築以外ではステロ役は基本的に使い捨てのような印象が強い。
しかし、ステロを撒いて切るだけなら高水準の性能を持つガブリアスは解禁当初に比べて数を減らしている。今はステロ役にもサイクル戦に参加可能な耐性、耐久が求められており、それを担うのがランドロスやナットレイ、ということか。



追記:リンク先にリンクフリーって書いてたから勝手に載せてますが問題があれば言ってください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へるぴん

Author:へるぴん
ポケモンやってます。ユキノオーとか好きでした(過去形)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。