スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルPT 詰みサイクル

アツい読み合い()なんてクソくらえ!最後はやっぱり受け志向+状態異常による全抜きを狙ったPT。


バンギラス@スカーフ 陽気 175-186(252)-131(4)-x-120-124(252) エッジ/噛み砕く/馬鹿力/冷凍パンチ


ボルトロス@オボン 図太い 184(236)-x-132(236)-145-105(36)-131 ボルチェン/めざ氷/電磁波/挑発


クレッフィ@残飯 穏やか 161(228)-x-111-x-152(252)-99(28) イカサマ/電磁波/威張る/身代わり


ゲンガー@ナイト 臆病 165(236)-x-81(4)-159(68)-96(4)-170(196) 祟り目/ヘドロ爆弾/気合い玉/鬼火
           メガ時 165(236)-x-101(4)-199(68)-116(4)-192(196)


リザードン@ナイトY 臆病 167(108)-93-98-148(148)-105-167(252) オバヒ/ソラビ/地震/火炎放射
             メガ時 167(108)-111-98-198(148)-135-167(252) 


ヌオー@ゴツメ 図太い 天然 201(244)-x-150(252)-86(4)-86(4)-56(4) 熱湯/蓄える/再生/眠る



個別解説
ばんぎ

バンギラス・・・リザードンを上から殴れて、クレセやギルガルドなどのリザードン入りによく見るポケモンに弱くない。かなりピンポイントな採用の仕方をしたが、基本はボルトクレッフィゲンガーヌオーの4匹で大体戦うPTなので、こういうポケモンの選出率が低いのは悪いことではない。出した対戦はしっかり働いてくれた。
あらゆるポケモンの気合い玉の採用率が高くなっている影響か、リザードンYも余裕で突っ張ってくるのが嬉しい。
また、拘っていないガブやランドの相手ができるのも見逃せない。拘っていれば浮いているポケモン+クレッフィのカモ。

スカバンの岩技は5世代の頃はウルガモスやボルトロスが標的だったので雪崩でもいいという考えだったが、今回はリザードンXを考えると妥協はできない。馬鹿力の枠はどうせ打たないので何でもいい。


642.png
ボルトロス・・・ゲンガー、バシャ、ガブランドへの打ち合いとか色々。耐久ガン振りボルトについては半信半疑だったが、スカーフのガブランドと打ち合う場面は多かったので多分役に立った。
配分よりも気になっていたのは電気技がボルチェン一本という点だが、どの技の使用率も高いのでどれかを切って十万を入れるかと言われれば微妙。



クレッフィ
クレッフィ・・・起点作り、サイクル回し、全抜き要因の何にでもなれるすごいポケモン。ヌオーと合わせるとボルトメタモンよろしく物理に平気で威張る動きも可能(ガルーラに威張ってヌオーで蓄えたり)。



ゲンガー
ゲンガー・・・起点作り、サイクル回し、全抜き要因の何にでもなれるすごいポケモン。他のポケモンが耐久を高める配分にしていながら、メガシンカ枠を耐久無振りにしてあっさり最初に落とすのは良くないと感じたので場持ちを良くするために耐久振り。Sはいつものメガシンカ前ガブ抜き。祟り目ゲンガーは電磁波と合わせないとどうせミラーで不利をとるので最速は必須ではないと考えている。

フェアリーに打つヘドロ爆弾、地面タイプに刺していく鬼火。気合い玉は必要な場面があまりにも多いため、やむを得ず採用。最早「外すから使わない」は通用しない。



リザードン
リザードン・・・この手のPTはナットレイ、ローブシン、ウルガモス辺りがうざいと非常にブログの名前が憶えにくい人が言っていたのでその辺を何とかできるポケモンを模索していた結果、辿り着いたやつ。ウルガモスでも使ったが火力も耐久も足りない(耐久は同じくらいだがはたき落とすで死ぬのが気になった)のでリザードンYに。
最後の対戦はローブシンを燃やして終わったので狙い通りの動きはできた。

技構成はやや思考停止気味だが、リザードン対面で打つ技が欲しいのでソラビは原始の力でも面白いかもしれない。めざ地面と地震は威力がほとんど変わらない。

使用率最上位であるガブリアスに常に縛られている点から非常にPTに組み込むのが難しいポケモンという意見がある。
自分もシーズン2か3辺りで使った時はステロ全盛期だったのもあって散々な結果に終わり、良い印象はなかった。

今回のPTでは拘りならクレッフィとの二匹の連携で戦えて、拘っていなければヌオーでボコるだけなのでガブリアスはそこまで苦ではなかった。炎耐性が無く、しかもリザードンより遅いランドロスと採用率が二分化しているのも追い風か。

使うには少しコツがいるポケモンで、型が分かっていない状態での後受けが不可能なので、初手からこいつのあらゆる型にガン不利をとるようなポケモンはあまり出てこず、型を見極めるために相手の初手は万遍なく戦えそうなガブリアス、ポリゴン2、バシャーモ辺りが非常に多くなる。この点に気付いてからは、相手の選出がかなり予想し易くなり例え選出しない時でも役に立っていた(気がする)。

配分はガルーラに同速を仕掛けざるを得ない場面はいつか来ると思い最速、ゲンガーと同じ理由でCをオバヒで無振りガルーラを一発程度に抑え残りを耐久振り。200逆鱗を耐える程度の耐久にはなる。

メインのメガシンカ枠はゲンガーで、こっちはあくまで穴埋め的な採用なので選出は慎重に。



195.png
ヌオー・・・非常にブログの名前が憶えにくい人がやたら推してくるなかなか倒されないヌオー。しかしこっちも敵をなかなか倒せない。
ヌオーの処理方法が毒殺しかない選出をしてくる人は確かに多かったので多分弱くはないんじゃない?
不一致冷凍ビームやめざ氷で一致技を打たれているようなダメージが入ってすぐに再生連打態勢になる。

化身ボルトに出したら気合い玉飛んできてヌオー舐めてんのかあ?wって思ってたら7割くらい入って萎えた。





戦い方はボルトロスやクレッフィの対応範囲の広いポケモンで様子を見ながら、機を見て一貫するポケモンで全抜きを狙う。
例えばガルーラガッサドランみたいな選出はキノガッサを切った瞬間ヌオーで詰む。ウルガモススイクンランドロスのような選出はランドロスを切った瞬間リザードンで詰む。どのポケモンで詰ませに行くか、どのポケモンがいらないので優先的に切っていくかを見極めれられれば勝ちは近い。

再生技持ちがいる相手にヌオーを選出する場合は何とか残数有利を取って積極的にTODを狙う。文句はこんなヌオーを推してくる非常にブログの名前が憶えにくい人まで。



d310b3d35c7faf11a84d2c85731d77a6.png

勝率は試行錯誤期間合わせて6割ちょっとで最後に10連勝くらいして最高レートはこんなもん。2日で250くらい上げたので疲れたが、それまでが目も当てられない戦績だったので一応の面目は保てて良かったと思う・・・。流石に2000すら載っていない状態でXYのレートを終えるわけにはいかなかった。



XYを代表するPTの一つとしてガルーラやクレセリアを使ったスタンダードは外せない。それの理解を深めようと、使っている人の対戦を見たり自分で使ったりしたが、型読み、交換読み、読み読みの応酬でとてもついていけなかった(でもそれが最上位のPTなんだから結局自分の理解が足りな過ぎなのだろう)。


やはり自分は「相手はこれをしてくるのでこれを打つ。すると次に相手はこうしてくるので・・・」よりも「何されるか分からんけど電磁波でいいや、痺れりゃ勝てるだろ」という考え方の方が性に合っている。



暇な時にXYのまとめみたいな記事も書くと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

勝率62%wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

No title

>>レート1500勢さん

ムウマージが悪いです。

最後の文章にぽまいらしさが出ていて良い記事でした 心内評価3

No title

>>アンジェラ・アキさん

XYは運を自分から絡めていくPT以外ろくに勝てなかったので、この考えが一層強くなりました。
残りの評価2はORASまでとっておいてください。
プロフィール

へるぴん

Author:へるぴん
ポケモンやってます。ユキノオーとか好きでした(過去形)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。